イワヒバの育て方は自生でも植え替え不要で十分!写真はx-t4で撮影!

イワヒバの2020年8月の、真夏の風景の写真です。
場所は自宅の庭ですが、最初自宅裏山から掘ってきて、庭に植え付けてそのまんまの、自生で植え替えなんぞは全くしていません。
増やし方は、株分けで差していっただけで、こんなに増えました。
スギゴケもそうですが、土質があってるのかもしれません。
写真は「x-t4」に「XF16-55mmF2.8 R LM WR」装着です。

スポンサーリンク

 

イワヒバって自生するもの?水やりは必要?

 

我が家のイワヒバの8月の写真

イワヒバの情報を調べてみたのですが、日差しの強さとか、水やりの頻度とか、いろいろ面倒なことが書いてありますが、私の家の庭で自生している、「イワヒバ」は実は何の世話もしていません。
上のような日差しの強さとか、水やりの頻度とか、いろいろ面倒なことが書いてありますが、私の家の庭で自生している、「イワヒバ」は実は何の世話もしていません。
植えっぱなしです。

最初は少なかったのですが、株分けして近くに差していって、どんどん増えていきました。
しかしながら、親しい友人の数人に、欲しいと言われてあげたのですが、誰1人として育ちませんでした。

そういうことから見ると、「イワヒバ」と言う植物は、かなり難しいのではないかと思います。
ではどうして我が家の「イワヒバ」は、何の世話もしなくても元気なのか?

やはり土の性質とか、日当たりの状況とか、ここの地の環境とか、いろんな要素が絡み合って、育ちに適しているのだと思います。

でも私は、何のお世話もしていません。
世話もしていないんですが、これから紹介する写真のように、我が家の「イワヒバ」はとても元気です。

 

岩ヒバが自生する庭の写真!8月の風景をx-t4で撮影!

 

以下のような写真です。

我が家のイワヒバの8月の写真

いろんな植物に絡み合って、とても映えていてきれいです。

我が家のイワヒバの8月の写真

これこそ、「イワヒバ」
岩の間から!

我が家のイワヒバの8月の写真

我が家のイワヒバの8月の写真

こちらは、地面に自生している写真です。

我が家のイワヒバの8月の写真

きれいなものは、見ていて気持ちが和みます。
とてもいい風景で、私はすごく気に入っています。

スポンサーリンク

 

イワヒバの花言葉は?

 

イワヒバの花言葉は

1:稔り
2:負けない心
3:長寿

なんだそうな。
なんとなくわかります。
イワヒバって、写真でありますが、灯籠の岩に張り付いています。

我が家のイワヒバの8月の写真

この状態で、水をやらなくても、生きているんだな。
かなりの丈夫さかと。

こんだけジ丈夫であれば、負けない心と長寿と言うのは即連想できること。

今年88歳のお袋さんも長寿でいて欲しいですね。
何を隠そう、この庭はすべておふくろさんの手作りです。
もちろん最初は、造園屋さんにお願いしましたが、その後の手入れやイワヒバや海老根や、杉苔などは全部お袋さんの作品です。
・・・・・・・・・・

イワヒバの種類や価格比較の一覧はこちら!

レンズの比較を行ってみました。

x-t4のレンズレビュー!XF16-55mmF2.8とXF16-80mmF4の作例比較!

x-t4に新しく装備された「エテルナブリーチバイパス」です。

x-t4のレビュー!エテルナブリーチバイパスの作例で色の妙を体感!

撮影してその特徴などを評価してみました。
・・・・・・

スポンサーリンク

 

イワヒバの丈夫さに思う根性と気持ち!

 

我が家のイワヒバの8月の写真

イワヒバ
は丈夫です。
が、我が家の場合なので決して真似しないでください。
イワヒバは本来、氷の当たり具合や、水やりの具合が非常に難しいようですね。

やはり、私があげた人たちはその扱いが、まずかったんだと思います。
植物の場合、何でもそうだと思いますが、土の質が1番大事なんだと思います。
もちろん同じ位、環境も大事なんでしょうが、その他諸々の条件が揃った時に、私のように放任していても勝手に元気で育ってくれるんだと思います。

見ていてとてもきれいです。
スギゴケも綺麗ですが、イワヒバは年中見れますから、とてもいいですね。

花は1時ですが、イワヒバとスギゴケは、1年中楽しめます。
皆さんもいかがですか?

イワヒバの種類や価格比較の一覧はこちら!

*撮影機材はこちらです。
x-t4の写真
X-t4に「XF16-55mmF2.8 R LM WR」を装着。
このレンズはすごいな~~差は歴然です。

XF16-55mmF2.8 R LM WRの価格比較はこちら!(楽天)

スポンサーリンク

荒砥沢ダムの5月の風景写真栗駒荒砥沢ダムの5月現在の水位と栗駒山の風景の写真!x-s10で撮影!

スギゴケの8月の風景写真スギゴケが土に自生の8月の栽培画像!手入れや土壌は?x-t4撮影写真!

関連記事

  1. ブリーチバイパスで栗駒山を撮影

    x-t4のレビュー!エテルナブリーチバイパスの作…

    x-t4の、フィルムシュミレーションに、新しく追加された「エテルナブリーチバ…

  2. x-t4の手振れ補正の検証の小僧不動尊の樋の写真

    x-t4の手振れ補正の効果を作例で紹介!何秒まで…

    x-t4の売りの一つが、間違いなく手振れ補正の実装だと思います。さて…

  3. 16-55F2.8で撮影したイワヒバの写真

    x-t4のレンズレビュー!XF16-55mmF2…

    「x-t4」はボディー内手振れ6.5段装備で、レンズを選ばなくなりましたね。…

  4. スギゴケの8月の風景写真

    スギゴケが土に自生の8月の栽培画像!手入れや土壌…

    スギゴケが、自生している我が家の庭の風景で、8月の真夏のスギゴケの写真を紹介…

最近の記事

  1. 日本一(自称)のマメサクラの写真
  2. スギゴケの8月の風景写真
  3. 我が家のイワヒバの8月の写真
  4. 荒砥沢ダムの5月の風景写真
  5. エビネの自生している写真
  6. 庭のスギゴケの春の写真
  7. 入畑ダムの風景写真
  8. 胆沢ダムの上流の紅葉の写真
  9. 錦秋湖の赤い鉄橋を走る北上線の電車の写真!
PAGE TOP