X-T3純正バッテリーは充電満タンで何枚撮影可能か実験してみた!

X-T3のバッテリーの撮影可能枚数を実験して評価レビューしてみた結果は?

X-T3に付属の純正バッテリーですが、実際に一回の充電満タンで、何枚撮影できるのか?
これって、たぶん誰でも購入前には気になって、調べるような気がします。

私自身も、それが気になって、実際はもう一個電池(純正バッテリー)を購入しました。

なので、実際に何枚撮影できるのか、自分で実験することにしました。
これから購入される方には、少し参考になるかもしれません。

*X-T3のカメラの写真は、iphone11proで撮影しました。

スポンサーリンク

 

X-T3の充電電池とレンズの組み合わせの条件!

勿論カメラは

「X-T3」

です。
レンズは、手ブレ補正がついてるのとそうでないのでは、撮影枚数に差が出るのでしょうか?

さて?

出来れば両方テストしてみようと思うのですが、これは時間がかかるので、一つずつのテストにしてみます。

レンズは・・

  • 1:XF16-55mmF2.8 R LM WR
    2:XF16-80mmF4 R OIS WR

この二つ。
電池の場合は、外気の気温でも若干違うようです。
なので、参考ということにしてくださいね~~

充電満タンを、朝にカメラにセットして、それから出かけることにします。

私の場合は、純正バッテリーを二個準備しています。

一個で大体400枚前後はいけるので、2個なら800枚はいけそうなので、これで十分です。

実際に何枚かは、感覚でしかこれまではないので、私もその正確な枚数は(外気温や撮影スタイルにもよりますが・・・)、大体ですが知っておきたいな~~という感覚はあります。

ちょうどよいテストかと思います。

X-T3とXF16-55mmF2.8では実際何枚撮影できた?

最初のレンズは

「XF16-55mmF2.8 R LM WR」です。

 

バッテリーのスタート時のSDカードの撮影可能枚数は?

 

わたしのSDカードは32GBです。
動画は、基本的に撮影しないので、これで十分です。

条件は

  • 1:画像サイズは「L」
    2:シャッターはメカシャッター

です。
普通に撮影していきます。

*iphone 11proで撮影。

スタート時の画面です。

充電器から外した画像ですが、このまんまカメラ「X-T3」にセットしました。

X-T3のバッテリー撮影可能枚数の検証

そして電源入れると上に

「2044」

の数字が出ます。
いつもの画面です。
このカードで、Lサイズの画像が、2044枚撮影できるという表示ですね。

X-T3のバッテリー撮影可能枚数の検証

ここからスタートです。

 

撮影は山形の山寺の立石寺!

 

本日は、山形県の四寺回廊の山寺

「立石寺」

がスタートです。

山寺立石寺の風景写真

そのあと銀山温泉に行きました。
温泉は、とても気持ちが良かったですよ~~~

って・・それはいいとして。

ほぼ300枚経過時の、バッテリーメーターの表示です。
1737枚まで、撮影なので、ほぼ300枚かと。

バッテリーは2目盛残っています。

X-T3のバッテリー撮影可能枚数の検証

次は400枚経過時の、バッテリーメーターの表示です。
この時は銀山温泉でした。

X-T3のバッテリー撮影可能枚数の検証

そしていよいよ赤に変化!
この時の表示は1570枚近辺です。
実はもう少し前に赤に変化しました。
気が付かなかったんだな~~~
多分1580枚近辺だと思います。

なので、ここまで460枚ほど撮影しています。

X-T3のバッテリー撮影可能枚数の検証

そのまま、撮影してきたのですが、いよいよ一度電源がダウンしました。
ここで終了です。

表示は1550です。
なので、最初2044なのでほぼ500枚(494枚)というところでしょうか・

X-T3のバッテリー撮影可能枚数の検証

電池は、皆さん知っての通り、外気の気温で持ちが多少変わります。
夏場は、結構撮影できます。

銀山温泉です。

銀山温泉の夜の写真

この時は、12月1日で、山形の気温は帰りの国道13号線の表示で8度でした。
山寺は、もう少し低いと思います。

 

XF16-55mmF2.8での撮影の電池寿命の感想!

 

「XF16-55mmF2.8 R LM WR」

での検証でした。
ところで、「X-T3」の仕様表での、撮影可能枚数は以下のようです。

  • 標準撮影枚数(*4)
    約390枚(ノーマルモード時) ※ XF35mmF1.4 R使用時

と書かれています。
レンズが違うので、これ比較になるのかどうかはわかりませんが、約400枚というところですね。

これはクリアしているようです。
なお、検証した電池ですが、付属か後で買い足したものかは、判別不能です。

が・・どちらも純正バッテリーです。

X-T3純正バッテリーNP-W126S価格比較はこちら!

X-T3とXF16-80mmF4では実際何枚撮影できた?

後日検証した結果をアップします。
しばしお待ちください。

互換バッテリーって使っていいの?どうおもう?

さて皆さんどう思いますか?
どうやらX-T3で互換バッテリーを使用すると、電源を入れるたんびに変な表示が出るそうですが、私は使用したことがないので、確認できません。

でも、そういう書き込みのブログで、実際に画像付きで公開されてる方がいるので、そうなんだと思います。

私は、以前っていうか、今も使用していますが、パナソニックの

「LUMIX LX-100」

を使用していますが、それに互換バッテリーを購入しました。
結果・・どうだった?

実は、残表示がでたらめで、突然無くなってしまうというアクシデントと、もちろん撮影枚数が純正バッテリーとは、格段に少なく・・
半年くらいは、普通に使えていたのですが、突然そういう症状に。

なので、即純正に買い換えました。

それ以来、私は互換バッテリーには、目もくれません。
(でもなんであんなに安いんだろ?って思うくらい安いですが)

勿論X-T3の予備バッテリーも、純正です。

が・・なんでこんなに高いんだ?

っては思いますが、カメラに悪い影響があったら嫌なので(無いとは思いますが)、純正にこだわります。

皆さんはいかが思いますか~~~??

・・・・・・・・・・・・・

できれば、安く買いたいはこれは人情!
安く、送料無料で買いましょう!

X-T3純正バッテリーNP-W126S価格比較はこちら!

おすすめは、こちら!

・・・・・・

スポンサーリンク

純正バッテリーの撮影枚数の感想!

「XF16-55mmF2.8 R LM WR」

では約500枚(494枚ほど)という結果でした。
他の一眼では、もっともっと撮影できるカメラもあるようですが・・私は‥

X-T3のバッテリーは、結構持つ方だと思います。

勿論、個人がどれだけの使用頻度で撮影するかによると思いますが、私の場合は十分かと。
でも一個では、足りないと思いますよ~~~

必ず予備バッテリーは一個必要に思います。
予算にもよりますが、おすすめは純正バッテリーです。

私は、一個予備で、都合2個持っています。
通常一日の撮影ならば、2個で十分です‥私は。

今日は700枚ほど撮影しました。

スカスだ・・

銀山温泉の夜景ですが、ホワイトバランスの色が、なかなか難しいな~~~って思ったのです。
なかなかいい色が出ない・・見た目と違う!!

そんな場合どうすればいいのかな~~って、思ったのでした。

まだまだ勉強が足りないですね。

今回は、レンズが

「XF16-55mmF2.8 R LM WR」

の検証です。
手振れ補正がついてる

「XF16-80mmF4 R OIS WR」

は、来週大人の休日切符で、東京方面に出掛けるので、その時に検証します。

・・・・・・・・・・・・

関連記事

x-t3に今年発売の、「XF16-80mmF4 R OIS WR」を装着して撮影した、記事のまとめです。
手振れ補正が6段ですから、やっぱし、下手な私の撮影でも、結構止まってます。

x-t3とXF16-80mmF4 R OIS WRのレビュー!実写写真作例記事まとめ!

今日の撮影は、こちらのレンズです。

x-t3とXF16-55mmF2.8 R LM WRの実写レビュー!写真作例記事まとめ!

銀山温泉は、三脚を使用しました。
でも、なかなかしんどかった。
角度がある撮影は、三脚はしんどいね!

スポンサーリンク

猊鼻渓の乗り場までの風景の写真猊鼻渓の舟下り周辺の景色は?アクセスや乗船料金の紹介!

猊鼻渓の秋の紅葉終わりのころの写真猊鼻渓の舟下りをX-T3とXF16-55mmF2.8 R LM WRで撮影した作例!

関連記事

  1. X-T3にXF16-80F4.0 装着した画像

    フジノンxf16-80mmf4をX-T3で使用し…

    X-T3に、今年9月に新発売の「富士XF16-80mmF4 R OIS WR…

  2. レンズの比較写真

    XF16-80mmF4 R OIS WRを購入の…

    XF16-80mmF4 R OIS WRを購入しました。さっそく開封して…

最近の記事

  1. 酒田山王クラブの傘福の写真
  2. とびしまの板さんおすすめ膳の写真
  3. 山居倉庫の秋のケヤキ並木の風景写真
  4. 加茂水族館の魚やクラゲの写真
  5. 加茂水族館の魚やクラゲの写真
  6. X-T3にXF16-80F4.0 装着した画像
  7. 日本海の11月の荒波の写真
  8. 銀山温泉お昼日中の写真
  9. 銀山温泉の夜の風景の写真
  10. 山寺立石寺の石段の道中の気になる写真
PAGE TOP